2007年01月16日

芦屋カイロプラクティックの本棚

こんにちは、芦屋カイロプラクティックの中西です。



今回は、東洋医学の本の紹介です。



「みえない水の科学」 著者 奥平明観・大木昌



鍼灸師と患者の対談という設定ですが、鍼灸の世界観が良く分かる本だと思います。



単に、ツボを針をさすというものではなくて、中国の古典を十分活用し、気というものを中心に治療を考え、針をするという硬派なものです。



気を「見えない水」として捉えて、話が進んでいきますので、気なんて嘘っぱちだと思う人には、信じられない世界かもしれません。



私は、気を臨床の中で実感していますので、興味深く読む事が出来ました。



どちらかというと、一般書というより、専門書に近い部類の本だと思います。



芦屋カイロプラクティック 

posted by グッチ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7010246

この記事へのトラックバック