2007年06月20日

富と宇宙と心の法則

こんにちは、芦屋カイロプラクティック代表の中西貴大です。





先日、東京出張の際、ホテルでアメリカのニュース番組をみていたら、ディーパック・チョプラという方が出ていた。


この番組は、恐らく日本で言う徹子の部屋的な番組の様な気がした。


メインパーソナリティーがいて、著名人にインタビューするものであった。




何か、名前に見覚えがあるなと考えると、富と宇宙と心の法則 サンマーク出版 の著者であったことを思い出した。




スピリチュアル系の本である。本の帯には、2000万読者と書いてあるので、大変売れているようである。


 


その中で、あっおもしろい表現だなと思う所があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


科学者は、わたしたちが思考する時に体内に物質が湧き出してくることを証明してきました。心のなかで考えたことが、分子に変化するのです。


このような分子は文字通り、内面の宇宙から送られてきた使者なのです。思考はものであり、思考は現実化するのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


簡単に言うと、好きな人に会っただけで、顔が赤くなり、心臓がどきどきすると思いますが、その原因は気持ちなのです。


気持ちが高ぶる→ある種の物質が体内で分泌される→どきどきする。




心の動きに伴って、ある種の物質が分泌されるって考えると人間の体って本当に絶妙なバランスの上に成り立っているのだと感心します。




最近は、言葉にも力があると教えられているので、出来るだけいい言葉を使い、ばんばん体の中にいい反応を起こす物質を作り出すことは

一つの健康法とも言えるのだなと思いました。



芦屋カイロプラクティック

posted by グッチ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7010251

この記事へのトラックバック